ぼうえんきょう >>

ねんちょう

おひさしぶりです。

f0064327_22592544.jpg


久しぶりだというのに、このたっくんの イカツイ写真・・で、すみません。

この春から ぴーひゃらぴー と泣き虫坊やだったたっくんも・・

めでたく年長さんとなることができました。




いろんなことに 興味を持ち始め、話す言葉もいっちょうまえになったこのごろ・・、

f0064327_2334853.jpg


やりとりも面白くなってきたので、思い出しつつブログに書き留めていこうと思います。


帰り道・・いつも通らぬ 公園に立ちよると 見事につつじが咲き乱れておりました。


母「これ あまいんやで」

た「げっ?この おはにゃ あまいん?」と、

たっくんは不気味そうな顔押して こちらをがんと見つめた。





おそらく 花自体を母がバクリと 食べる所でも想像していたのであろう。

いちおう ばくっとたべるまねをしたら ゲラゲラ笑い出した。(*'へ'*)
母「これは 冗談やで!!こうやるねん。」

幼いころの記憶をたどり、花の裏から蜜を吸う。
花から 甘い蜜が口いっぱいにひろがる。

母「ほら。あまーい!!( ̄* ̄ ) 」

たっくんも見よう見まねで たどたどしく、みつを吸う。

た「あまーい!!

  コレは 蜂蜜やな。」




母 「≪笑≫みつには かわらん!!」





たっくんは こんなにうまいものが そこいらじゅうにあるとわかると

めをギラギラさせて 蜜集めにいそしんだ。


そうして 5~6個食べたころだろうか・・たっくんの脳裏にふと疑問が沸き起こってきた・・。



た「こんなに 奥にみつがあるのに ちょうちょは どうやって みちゅのむんやろ?」



一休さんのように たっくんは 考え始めた。

ポンポンポンポン・・・チ~ン!!

た「あの・・ほら・・口・・・口が・・・すとろー。」



彼は 誰に聞かせるでもなく 満足げに そして自信たっぷりと言い切った。

そうして また もくもくみつを食べ始めたんだ。


その間も 彼の頭は回り続けていたようだ。
た「それで、蜂が花に集まって来て みつ集めて・・・えーっと それで 蜂蜜つくるねん!!

  ぜったい!!」



母「おぉ~ たくまくん ファイナルアンサー?」

た「ふぁいなる あんさー」

母「大正解~~~!!」



いやいや しらぬまに かしこく なっとるものですね~。

あ~ひざびさに びっくりました。(^^*) ホホホホ 



   
[PR]
by otibibi | 2009-05-10 23:18 | takkunn
ぼうえんきょう >>